次世代半導体原材料ーー酸化ガリウム

酸化ガリウムは新たな超ワイドギャップ半導体として、更なる高効率化と深紫外線受光特性に加えて、熱安定性と人工結晶基板製造の低コストというメリットで、小型化、高性能のパワーデバイスを開発するための原材料として期待されています。

関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tel:
Mandy Yin
15873315049

Mandy Liu
15116040890
Twitter:
yin_mandy
TUYAKO