First Sloarのテルル契約書は現物市場での供給が不足となる故に、価格を押し上げる可能性がある。

大量のテルルをアメリカのソーラー電池パネル製造企業ファスト ソーラー社に供給された原因で、金属の価格を引き上げる可能性がる。この取引は市場における現物の不足を招くと一部の市場参加者が予想している。ファスト ソーラー社と3年間のテルル販売契約書を署名したとカナダの5N Plus社が先週に表明された。

このカナダの会社は3年間の供給量を開示することを拒否しても、業界内で情報を知る者は数量が約160~180トン/年で、総量が約480~540トンだと予想している。したがって、市場の参加者はテルルの供給に心配している。将来の3年間に、グローバルの総産量を占める約30%のテルルは市場から有効的に除いた。

業界内で情報を知る者によりますと、テルルの年間キャパシティは600~650トンぐらいです。

あるトレーダーは市場が必ず圧力に直面する。なぜというと、その中の一つの主なメーカー様の大部分の材料はこの長期契約に満足させるため、現在の市場で現物にもうオファーすることはなっかたと語った。もう一つのトレーダーは同じな観点を持ち、ヨーロッパの現物市場でソースを見つけられなかったと語った。中国からのオファーした価格は95USD以上/Kgで、ヨーロッパのメーカーはオファーしていなく、トレーダーは貨物がなっかたともう一つのトレーダーがこういうふうに語った。

5月2日MBにてテルルの価格は20%が上がり、90~100元/Kgに至った。

ルル価格を上昇させる原因はソーラー産業の需要が多くなったのみならず、原材料の供給が不足となったと市場での参加者達が一般的にこう考えられている。

ファスト ソーラー社の需要を増加する原因はソーラー電池パネルの産量が従来より3倍に増やす予定ですから。またはメーカー様が産量を突然高めるわけにはいかなくて、現物の市場でテルルの不足となるという意味です。

4月26日、財務報告についての電話会議上で、ファスト ソーラー社はアメリカのオハイオ州で新しいシリーズ6モジュールの製造工場を建設しているので、国内での生産能力を増加させると発表した。このような決定をしていたのはわが社のシリーズ製品の持続的な強大需要に応えるだけでなく、増大し続いてるアメリカのソーラー市場に対応するためですとファスト ソーラー社のCEOと理事長を兼ねるMark Widmar氏が財務報告についての電話会議上でそういうふうに語った。

この新工場の定格容量は1.2億ワットで、現在オハイオ州における製造工場の付近で建築する予定ですとWidmar氏が一言付け加えた。余分な施設で計画している第6シリーズの生産総量が180億ワットに達させるので、アメリカでのソーラー コンポーネントの最大メーカーの地位を更に固めるとファスト ソーラー社が発表した。

研究コンサルティング会社Wood Mackenzieのデータによりますと、2018年グローパルの太陽光発電装置の容量は1040億ワットを超える見込みですが、2017年装置の容量は98.9億ワットだった。ファスト ソーラー社は予想されているテルルの消費量に対してコメントをしたくない。

大量の引き合いが供給を高めるので、価格を引け上げると一部分の市場参加者がこう思っても、ある参加者は供給に対する心配を誇張されたと思った。

“2007年以来、5N Plusはファスト ソーラー社と長期契約を結んでいた。現在の契約書はこれらの契約を更新する様です。価格も既に確定された”とあるサプライヤーがMBにこう語った。もう一つのサプライヤー様は価格の上昇に対して同様の質問をしていた。“私はもっと高い価格を聞いていないが、もっと安い貨物を購入することができる”と語った。

関連ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Tel:
Mandy Yin
15873315049

Mandy Liu
15116040890
Twitter:
yin_mandy
TUYAKO