さよなら、シリコン!あなたの次世帯コンピュータチップは酸化ガリウムで製作されるかもしれない。

研究人員は従来よりもっとも速いコンピュータチップを製造するために酸化ガリウムを研究し始めたので、“シリコンバレー”には、新しい材料が現れる可能性があります。

探索者は2018年7月10日により 7時4分に発表:

伝統的に言えば、コンピュータチップは地球上でもっとも豊かな半導体なので、シリコンで作られた。しかし、現在の技術はシリコンの最小限界に達させたので、我々は新しい方法を見つけてコンピュータチップが占有するすペースを減らすことを動機づけた。今年の頭に発表した新たな研究によりますと、新しい代替方案を既に発見されたかもしれない。

バンドギャップが大きいため、酸化ガリウムはシリコンの代替品と見なされています。この特性は、酸化ガリウムが独特な高い“臨界場強度”と広い範囲の導電性を有することを意味します。あらゆる特性では、酸化ガリウムがコンピュータチップの良いスケーラビリティの将来候補者になります。情報によりますと、この研究領域が新しいですが、シリコントランジスタに比べると、酸化ガリウムトランジスタはチップに実装することが更に適します。且つ将来高出力電子器具の効率を高める可能性があります。

関連ニュース

联系我们

+86-731-22772193

E-mail:liuyan@zzkeneng.com

月-金曜日:8:00 - 18:00
祝祭日は休みです